ホーム » テーマ曲

藤田勉氏オリジナルテーマ曲のご紹介

藤田勉氏オリジナルテーマ曲

日野市立新選組のふるさと歴史館では、藤田勉氏(ロックバンド・パーソンズのメンバー)が作曲したオリジナルテーマ曲を販売しています。これらテーマ曲は平成17年の開館以来、常設展並びに特別展4回を含む展示に則して作曲されたインストゥルメンタルによるサウンドトラック音楽CDとなっています。各CDは新選組のふるさと歴史館内で販売しております。

常設展示オリジナルテーマ曲

『新選組・新徴組と日野』

今作は、日野市立新選組のふるさと歴史館の常設展示開始を記念して、常設展示の主題である「新選組のふるさと日野」をイメージした楽曲と、日野にゆかりの深い新選組の主要隊士である、近藤勇、沖田総司、井上源三郎、土方歳三、それぞれのイメージによる楽曲で構成されています。
また各隊士の曲には、隊士それぞれにゆかりの、宮川豊治氏(近藤勇)、沖田千恵子氏(沖田総司)、井上雅雄氏(井上源三郎)、土方陽子氏(土方歳三)より素晴らしい副題を寄せていただきました。
藤田勉氏ホームページ「Marks Music Lab」より引用

常設展示オリジナルテーマ曲CD表 常設展示オリジナルテーマ曲CD裏
  1. 日野 ~新選組と新徴組のふるさと~
    【新選組隊士の群像】 <視聴>
  2. 近藤勇 ~命を捨てて義を咲かす~ <視聴>
  3. 沖田総司 ~天賦の才を極めた江戸桜~ <視聴>
  4. 井上源三郎 ~武士道を貫く武州多摩の剣士~ <視聴>
  5. 土方歳三 ~誠一筋最後の侍~ <視聴>

(税込)1,200円
販売場所:新選組のふるさと歴史館

第一回・第二回特別展テーマ曲

『新選組誕生/新選組京都の日々』

第一回特別展『新選組誕生』
第二回特別展『新選組 京都の日々』

平成十九年に開催された第二回特別展『京都の日々』のイメージ音楽制作は、現在の私の、各地の展示施設に音楽を提供するという活動の出発点となる大変印象深い作品です。
今作は、これまで未制作だった第一回特別展『新選組誕生』のイメージで新作した曲とのカップリングによる構成となっています。
藤田勉氏ホームページ「Marks Music Lab」より引用

第一回・第二回特別展テーマ曲CD表 第一回・第二回特別展テーマ曲CD裏
  1. 新選組誕生 <視聴>
  2. 天然理心流 <視聴>
  3. 京都でのとまどい <視聴>
  4. 市中警邏 ~新選組の戦い~ <視聴>
  5. 京、それぞれの恋 <視聴>
  6. 鳥羽・伏見の戦い <視聴>

(税込)1,200円
販売場所:新選組のふるさと歴史館

第三回特別展テーマ曲

『新選組 戊辰戦争のなかで』

戊辰戦争において、京都からの敗走以降、隊は崩れ隊士個々の戦いへと様相が変化した状況を反映させるため、本作では第三回特別展の展示各章に沿って曲を付す手法をとっています。
テーマとしては戦闘と敗戦の繰り返しですが、あえて戦闘の激烈さや悲劇性を強調せず、全編を鎮魂歌と捉え作曲しました。
藤田勉氏ホームページ「Marks Music Lab」より引用

第三回特別展テーマ曲CD表 第三回特別展テーマ曲CD裏
  1. プロローグ 慶応四年 <視聴>
  2. 第1章 京都から転進する <視聴>
  3. 第2章 日野宿農兵隊 <視聴>
  4. 第3章 甲陽鎮撫隊へ <視聴>
  5. 第4章 北関東の戦争~近藤勇 最後の戦い~ <視聴>
  6. 第5章 会津戦争 <視聴>
  7. 第6章 函館戦争 <視聴>
  8. 歳三の子守唄 <視聴>
  9. 第7章 家族・親戚、多摩郷党の思い <視聴>
  10. ボーナストラック 第ニ回特別展より
    ~新選組 京の戦い~

(税込)1,500円
販売場所:新選組のふるさと歴史館

第四回特別展オリジナルテーマ曲

『新選組 その後』

今回の第四回特別展『新選組 その後』イメージ音楽では、多岐に渡る展示テーマの中から、展示第Ⅰ章と第Ⅱ章から読み取れる一連の流れ、すなわち、戊辰戦争敗戦後の多摩の動揺?新政府による弾圧と冷遇?新選組顕彰と自由民権に代表される抵抗運動、ここに焦点を絞り、ひとつの大きなストーリーとして作曲しました。
そのストーリーの中心には、踏まれても踏まれてもへこたれず立ち上がった多摩の人々がいます。厳しい弾圧状況下にありながらも、粘り強く多摩の誇りを主張するその姿からは英雄的な感動を覚え、多摩の人々の土性骨の強さ、たくましさを感じさせます。
本作は明治初期の多摩を舞台とした叙事詩です。その歴史を念頭にお聴きいただけたら幸いです。
藤田勉氏ホームページ「Marks Music Lab」より引用

特別展オリジナルテーマ曲CD表 特別展オリジナルテーマ曲CD裏
  1. 『新選組 その後』メインテーマ <視聴>
  2. 新政府の弾圧と多摩の抵抗 <視聴>
  3. 文明開化の狂騒曲 <視聴>
  4. 新時代の光 いまだ遠く <視聴>
  5. 自由民権の英雄達の讃歌 <視聴>
  6. 多摩川の畔で <視聴>

(税込)1,200円
販売場所:新選組のふるさと歴史館

作曲者 藤田勉氏プロフィール

1962年新潟市生まれ。1987年ロックバンド・パーソンズのドラマーとしてデビュー。現在も精力的に活動中。

個人の作曲活動として各地の公共展示施設などのイメージ音楽、BGM制作を数多く手掛ける。
日野市新選組のふるさと歴史館第二回特別展『京都の日々』、第三回特別展『戊辰戦争のなかで』ほか、井上源三郎資料館イメージソング、石見銀山世界遺産センターBGM、三鷹市太宰治文学サロンイメージ音楽など。

作曲者 藤田勉氏

  1. パーソンズウェブサイト
    http://www.personz.net/

試聴ファイルの読み込みについて

WMA形式ファイルの読み込みには、Microsoft社の「WindowsMediaPlayer」(無料)等、WMAファイルの再生に対応したプレイヤーが必要です。お持ちでない方は、お手数ですが(株)マイクロソフトのホームページからダウンロードしてください。

Windows Mediaダウンロードセンター

選之介イラスト