ホーム » 展示案内

企画展「縄文の顔・日野の顔~地中に遺された縄文の造形~」【ご好評につき延長】

開催期間
令和3年9月11日(土)から令和4年3月27日(日)まで【ご好評につき延長】
開館時間
午前9時30分から午後5時
休館日
月曜日(休日の場合は翌平日)
会場
日野市郷土資料館
入館無料

 

人面把手


企画展「縄文の顔・日野の顔」 人か獣か、それとも神か精霊か
秋の企画展は、縄文時代の「顔」に注目した展示を開催いたします。
縄文時代中期の土器には、縁の部分に顔を表現した「顔面把手」と呼ばれる突起を伴うものがあります。
本展では、日野市内の遺跡から出土した顔面把手や土偶を展示します。
人か獣か、それとも神か精霊か。不思議な表情をしたいくつもの「顔」を通して縄文人の思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。
  • 【会場アクセス】


  • 人面人面
    人面人面

    関連コーナー

    日野市立百草図書館【場所はこちら(外部サイト)】
    で本企画展に関連して土偶に関する本を集めた特設コーナーを設置しています。
    【コーナーの様子(外部サイト)】
    展示をご覧になった方も、これからご覧になる方も是非訪ねてみてください。
    _________________________________________
    土偶作り体験を開催しました。【終了】
    子どもたちが粘土で素敵な女神様をつくりました。
    【作品画像】